募集情報で待機時間を確認すること

2016年8月16日

自由に選べる待機時間

占い師の仕事の魅力のひとつに、通常の仕事とは異なり、ある程度自分で好きに勤務時間を決められるという点があります。日中にたくさん入れるも夜中に数時間入れるも休日にまとめて待機するのも自由です。ただ、その待機時間は所属先によっては時間数や週の日数を決められていることがあります。自分が無理なく活動するためにも、自分にあった待機を選択できるところを選んで所属することをおすすめします。

副業の形に合わせて待機する

私は日中営業の仕事をしていて、その副業という形で占い師をしています。しかし、いま所属しているところは会社近くの占い店のため、待機できる時間が限られています。その占い店は11時から21時までの営業時間で、週に10時間以上の待機が必要だという設定があるのですが、私が退社できるのが20時頃で、その後待機を始めるのが難しいため、土日に5時間以上の待機を入れてノルマをこなせるようにしています。しかし仕事で疲れている中、土日も待機しなければいけないのは辛く、占い師としての活動に厳しさを感じていました。
いっそのこと副業を辞めてしまおうかとも考えましたが、やはり占いをしてお客様のお悩みの力になるのは好きですし、いま担当しているお客様たちを途中で放り出してしまうのはいかがなものかと思ったので、どうにかして自分の心身を気遣いながら続けられないかと思いました。そこで、働く場所を変えてみることを考えました。もっと自分の都合に合わせた待機ができるようなところで活動すればよいと思ったのです。
いろいろ探してみたところ、24時間営業のチャット占いの募集を見つけました。ノルマなどはなく、自分の好きなときに好きなだけお仕事ができるという店に惹かれました。また、自宅でできるということから帰宅後にリラックスした状態でできるという点も魅力でした。
このチャット占いで採用が決まってからは、仕事が終わって落ち着いた23時から2時くらいで待機するようになりました。急な予定変更や待機の追加なども受け入れてくれるので、余裕のある土日などに急遽数時間待機を入れることもあります。自分にあった働き方をするようになってから、本業の方も占い師の方も無理なく楽しく働けるようになりました。特に副業などで時間の都合が付けにくい方は、待機時間が比較的自由に設定できるところを選んで所属すると良いかと思いました。

予定に合わせて設定できる待機

現在チャットアプリで待機していますが、自分の好きなときに待機できるので都合よくお仕事ができます。たとえば現在は、日中を主な活動時間として待機を入れています。基本的には11時から18時まで待機をしています。しかし、時には都合が悪くなることもあります。たとえば娘の授業参観や友人との集まりなど、ある程度前から日程がわかっていて対処ができるものは休みにしてもらうなどあらかじめ日程を変えてもらいます。しかし、娘が急に体調を崩したとか、両親が突然訪ねてきたとか、前もってその予定が予測できない事柄に関しては急に予定を変えるのは難しいものがあります。そういう時でもこのチャットアプリならその日に突然連絡しても対応してもらえます。反対に予定があるから休みにしてもらっていたけど、突然その予定がなくなったから時間があるなという時にも連絡をすれば待機を入れてもらうことができます。そうやって自分の都合の良いようにたくさん待機を入れることができるのでこのチャットだけでかなりの額を稼がせてもらっています。