お客様が来てこその占い師

2016年8月16日

占い師に必要なものは

占い師の仕事に欠かせないのは占いの技術や占術道具などありますが、なによりも欠かせないのはお客様です。占い師はお客様を占うことで成り立つ仕事ですから、お客様がいないというのはそもそも仕事として成り立ちません。占い師として活躍するためには、いかに集客できるかということがひとつのポイントとなります。

個人で限界を感じていましたが・・・

独学で占いについて学び、十分に占えると思った頃、アパートを借りて個人で占い業を始めました。最初は知人の口コミの効果もあってそれなりにお客様に来ていただけていたのですが、3ヶ月経つ頃には既に閑古鳥が鳴いているような状態でした。HPを開設したり、タウンワークに掲載してもらったり、占いの情報サイトに掲載してもらったりしたのですが、なかなか思うように客足が伸びませんでした。このまま客が入らないのなら占い師を諦めるしかないとも考えましたが、やはり好きで勉強して始めた仕事ですから、こんな途中で放り出すのも抵抗がありました。
どうにかして占い師の仕事を続けられないかと考えたとき、目に入ったのが占い会社の募集案内でした。所属して活躍する占い師を募集しているその要項を見てみると、実務経験があれば良いということでしたので、一応実務経験はあるからということで応募してみました。
無事採用をいただけてからというもの、占い師の仕事が見違えるようになりました。毎日たくさんの方がわたしの占いを利用してくれるのです。最初は始めたばかりだから物珍しさできているのだろうと思っていたのですが、しばらく経っても多少減ることはあっても個人でやっていた時よりずっとたくさんのお客様が来てくださるのです。今まで経験したことのないほどのお客様が来て下さり、ありがたいことに今は毎日忙しいです。集客に慣れないうちは無理して個人でやるよりも、どこかに所属して安定した集客のもとで活動したほうが良いかもしれませんね。

集客に力を入れているところ

以前所属していた占い店は、宣伝はするもののあまり上手くなかったのか効果がなく、あまり来客はありませんでした。個人的にもブログを立ち上げて宣伝してみたりしたのですが、効果は薄く、集客は見込めませんでした。なのでその店には見切りをつけ、新しくほかのところで活動することにしました。色々と占い師の募集情報を見比べていると、集客率が良いという求人を見つけました。プロモーション力が高く、通常の鑑定以外にも様々なところで活躍できるというので、今まで以上の活躍はもとより、さらに幅を広げた活動が出来そうだと思いました。
思い切って応募してみたところ、1週間ほどで採用が決定しました。そしてそこで活動を始めると、すぐに私にあった宣伝を会社側が打ち出してくれて、早速たくさんのお客様に来ていただけました。さらにしばらく活動していると、実力が評価されたのか、とある占いコーナーの監修をして欲しいという依頼も来ました。それを受けたことによりさらに多くのお客様に来ていただけるようになったのです。
占い師として多くの鑑定を行いたいのなら、集客の良いところに所属するのが一番だと思います。私はこの身をもってそれを実感しました。